福岡県出身・九州の私立大学を中退後21歳で豊前石材販売株式会社を設立。現在、株式会社アーバンサプライ 代表取締役 ・ 2010年ボランティア活動・日本赤十字社より銀色褒章を頂く


by tm59631

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

LINK

以前の記事

2014年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 08月
2009年 10月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

カテゴリ

全体
ビジネス起業日記
世界が喜ぶお金の使い方
ビジネス書コラム

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

経営・ビジネス

画像一覧

カテゴリ:ビジネス書コラム( 15 )

コンビニ本

コンビニで、本を買う事があります。
コンビニ本は、よくリサーチされていて、厳選された内容の本が多いからです
本のみならず安価で便利なソフトも多く置いています。

最近購入した本の中では「快適デジタルライフ・ネットにパソコンを繋ぐ
小見出しに
・XPのデータをビスタに移す
・プリンタをビスタとXPで共有する
・無料で多チャンネル化、ネットワークTVに・

と今話題のビスタとXPの互換関係や興味をそそる小見出しを見て購入する方が多いそうです。

コンビニの狭いスペースで販売している為、よくリサーチされています。
売れ筋の本意外は、すぐ撤去されるので必然的に売れる本だけ残るようです。
又、こんな本があれば!と思うような本が結構置いてあるのです
その上、文庫本タイプで軽量なのでカバンに入れ易いので売れるのでしょう

さて8月は、当社の決算月です。
決算月なので、会計本でも読もうと思い購入しました。
その本は、会計本ながら50万部の大ベストセラーになった本です!
決算書がおもしろいほどわかる本
タイトル通り、賃借対照表や損益計算書、経営分析まで具体的事例を交えながら・
面白い?ほど判り易く解説しています。
又、企業の利益保全や留保金の重要性がこの本を読むと一目瞭然です。

話は変わりますが今日から、巷ではお盆休み一色です
今年は、九州から親戚が来たり、仕事に行ったりと慌しい休みになりそうです。

また、期末の決算の数字もだいたい読めて来たので、来期に向けていろいろと考えていきたいと思っています。
by tm59631 | 2007-08-11 07:45 | ビジネス書コラム

脳の言い訳

blogの更新が、今回で108回目になりました。
108は人間の煩悩の数だと言われています。
煩悩とは、人間の脳が作りだしたものです。

その脳を切り口として科学的に人の行動を解説した本を読んでみました。
一部の心理療法家達のバイブルと言われて
いる本です。・・・題名は「脳は何かと言い訳をする」という本です

脳は何かと言い訳をする?・・脳には「後悔を嫌う!」という本能があるそうです!・
・そのせいで
もっともらしい「言い訳」を探し出すそうです。
自分よがりの人生肯定論が多いのは、実は脳の本能の仕業なのです。
例えば、買い物で買いたい商品が2つあるが、高価なので1つしか買えない時、後でその選択が正しかった!とばかりに
自分の選択を正当化する理由を探し始めるそうです。
そう言えば・・・・!?と誰でも思い当たる節はあると思います

また、「煩悩」と反対語の「幸せ」の定義を科学的に説明すると、どうなるのでしょうか?

それは、脳からドーパミンが出る回数と比例します。ドーパミンが多く出る人生こそ幸せな人生と言えるでしょう?!
脳の「後悔を嫌う」本能とドーパミンを出す事により、脳は人の人生を幸せに演出してくれているのです。

折角、デフォルトでそのように設定されているなら、その方向に沿って生きた方が得なのです

それでは、ドーパミンが出るシチュエーションとは、どのような時なのでしょうか?
人によって違うのですが、「趣味の時間」、「成功率50%の仕事」、「恋愛」、「スポーツ」、等です。
様々なビジネスシーンでも、ドーパミンは集中力や、やる気を維持するのに重要な働きをしています。
「成功率50%の仕事」で、人はドーパミンが多くでるようです。
それは、確定要素と不確定要素半々の場合の時に、ドーパミンが多く出るらしいのです。
その結果モチベーションが上がるそうです!

もう一つ簡単にドーパミンを出す方法、その際たるものは、賭け事全般なのです(競馬やパチンコが中毒になるのは、そのせいなのでしょう)
ただ、賭け事の場合は破壊的生成法なのでやらない方がいいでしょう。

また新規事業や新しい環境に挑戦したくなるのも考えるだけでドーパミンが出て気持ちが良くなります。

では、逆に脳の天敵は、何でしょうか?・・
それは、マンネリだそうです。・
単調な仕事、毎日の通勤路の風景、会話、自分が当たり前に思っている事等です。
それで、人は、マンネリをリセットする為に、旅にでます。

また、自分がドーパミンを出す事も大切な事ですが、他人にもドーパミンを出してあげる事が出来る言葉があります
それは、「褒める」事なのです。

すべて当たり前の事ばかりですが、脳科学という切り口から見ると当たり前の事が新鮮に思えてくるのが不思議です。興味があれば一度読んで見てください
by tm59631 | 2007-07-14 00:02 | ビジネス書コラム

最適化

先日、書店で妙に気になる本を見つけました。
生き残る生物・絶滅する生物」という本です
その本は、生物の最適化について書かれていました。
例えば、
①何故、トンボは2匹くっついて飛ぶのか?
②働かない「働きアリ」がいる訳は?
③北極グマが北極に棲める理由は?
④メスからオスに性転換する魚たち?
等々・・。
このような、生物の不思議な生態を延々と解説している訳です。
5分ほど立ち読みをして内容に惹かれたので購入してじっくりと読んでみました。
生物は、自分の種を繁栄させる為に、様々な工夫や最適化(進化)を繰り返しています。
これは、人間の社会にも当てはまる事です。

最適化と言うと、努力をしないといけないと思われますが②の「働かない働きアリ」は、右に行ったり、左に行ったり、規則とは違う動きをする内に、偶然に餌への最短距離を見つけているのです。働かないアリが常に固定概念(餌への道順)を壊す役目を担っているようです。一見無駄な事でも・変動する環境・を乗り越える為に必要な事もあるようです

さて、最近よくジムに行っているので、ダイエットの話をよく耳にします。
その昔、クジラの祖先は、陸で生活をしていました。陸の環境があまりにも変動が激しく生態の維持が難しくなった為、・生活環境を・海・に戻しました。

そう考えると、・デブ・はデブでいいじゃないか!?とも考えられます。スリム系優位な環境に居る為に、ダイエットで苦しむのです。
いっそクジラ同様、生活環境を・デブ・が優位なコミュニティに移すのです。
そして・ぽっちゃり王子・として生きても良いのです(笑)
・デブ専の世界やカリブ海沿岸諸国・又はアフリカ等・
デブが美しいと言われる環境は世界には数多く存在します。
そこに移住すれば努力無しで最適化されそうです。・・優位なコミュニティに生きる選択も最適化の一つなのです。

上記は、笑い話にしても、実は人も引越しをしたり、転職をしたりと・最適化を繰り返しています。その最適化が正解かどうかは、判断基準に・愛・があるか無いかの違いだけなのです
又、人は他の生物にない文化を2つ持っています。
それは、スピリチャリティとコンプライアンスです。人が最適化を行う時、お互い様の精神と法令厳守,そして愛が無ければ、本当の最適化とは言えないようです。

しかし本を読むにつれ疑問が残ってきました。
生殖能力が旺盛で常に最適化を行う男性は生物学的には、大変優秀な男性なのです。
しかし・人科・としては、どうなのでしょうか?やはり人の進化で重要なのは、種としての優秀さもさることながら、・やはり、スピリチャリティ・の向上が一番なのかもしれません!
by tm59631 | 2007-07-07 09:38 | ビジネス書コラム

ものの見方

ある講演を生業にしている方の書籍にこんな事が書いてありました
毎回、講演を終了して楽屋裏に集まって来た人達とお話しをする機会がよくあるそうです
5年以上も、同じ事を続けていると、ある法則に気がついたそうです

講演を聴いて、物凄く良かった。こんな良い話しは聞いた事が無い!という人に限って次回の講演から、ほとんど来ないそうです!講演というのは、勉強会のようなものです。納得をしてしまえば、それは、卒業という事になるのでしょう。

逆に、そんな話があるか!おまえの話はおかしい!と非難してきた人に限って,後々まで、何度も講演に来るそうです。これは、興味はあるけど、納得がいかないので納得がいくまで何度も講演にいくのではないでしょうか。

これを読んで、一理あるなと思いましたが、飲食やサロン等は、美味しい事や技術が高くなければリピーターにはなってくれません。技術に対する賛辞は日常化されています。技術が最高であればそれを伝えてリピーターになる訳ですから、上記の話は業種によるのかもしれません。

又もう一つの見方は、講演内容の構成の失敗なのではないかと思いました。
話を全部出せば、興味がなくなる訳ですからリピーターになるはずもありません。
TVの連続ドラマのように「つづく」でモチベーションを保ったまま講演を終える構成に作り変えれば解決するのではないかと思います。

今、TVで「保坂尚樹さんが出家する」とドキュメンタリーが流れていました。
それを見ても、変わった人だと思う人も少なくないかもしれません。
私は、羨ましいなと思いました。出家しながら、タレント業か!?
出家と言えば、京都在住で女性僧侶、アナウンサーやラジオのパーソナリティも務める、川村妙慶さんを思い出します。心の荷物をおろす108の知恵が講談社より好評発売中のようです。
先月、妙慶さんからサイン入りの本を送って頂きした。ありがとうございます。同じ門司港出身で同郷なので、頑張っている姿を見て、私も励みになります。

さて、先の話に戻りますが、人の価値観は、十人十色です。
ものの見方も様々です。
様々な見方なので、評価を一つずつ取り出して、一喜一憂しても疲れるだけなのです
他人の評価は気にしない、でも人の意見は大いに聞いて参考にする。
このようなものの見方や対応が必要なのかもしれません
by tm59631 | 2007-03-24 11:58 | ビジネス書コラム

「心の荷物をおろす108の知恵」

ここ、2日間程、風邪の為ダウンしていました。
普通の状態であれば健康は当たり前なのですが

体調を崩すと、ひしひしと健康のありがたさが判るものです
いつも健康であれば健康のありがたさが判らないのかもしれません。

さて、最近購入した本で特に良かった本をご紹介します

川上妙慶著/心の荷物をおろす108の知恵

彼女のBlogは、一日6万アクセス、一日に約200通のお悩み相談メールが届くそうです。
人生に疲れた時や人間関係のヒント等が満載です
一度だけ読むのではなく、事あるごとに、何度も読み返してみると、その時々に参考になるのではと思います。
by tm59631 | 2007-02-05 14:05 | ビジネス書コラム

気功治療

半月ほど前から、肩の治療の為、神田にある若山敏弘治療院に通っています。
若山先生は、現在60歳代後半です。20年ほど前、繁盛していた鍼灸マッサージの治療院を閉鎖して台湾に渡ったそうです。
理由は、太極拳や密教修行を通じて独自の手技治療を確立するためだそうです。
そして行き着いたのが気功治療だそうです。

①ここまで聞いて
        ○怪しいと思う人・・9割
        ○信じる人・・・・・  1割
若山先生を一躍有名にしたのが、船井総研のオーナー、船井幸雄氏との
共著「本物の力」という本です。
②この本を読んで
        ○怪しいと思う人・・6割
        ○信じる人・・・・・  2割
        ○どちらでもない人・2割

多分、そんな所ではないでしょうか?
20年前は、気功治療をしていると言うと、変人扱いされたそうです。社会的には全く信用されず、随分とご苦労があったそうです。

私は、気の流れや、気功を信用していますが、ほとんどの人は怪しいと思うでしょう。
しかし、船井幸雄氏との共著を読んだ方が全国から多数来院されるそうです。

どちらにしても、結局は、治らなければ、どんな治療も意味はありません。
治療の結果ですが、かなり治りました。

先生から、スクワットを一日100回やるように勧められました。
後で判ったのですが、このスクワット100回にどんな効能があるのか科学的に判明しました。もしかすると四十肩は、このスクワットで好転したのかも知れません。

スクワットで大腿筋にストレスをかけると
体から、ドーパミン、エンドルフィン、副腎皮質ホルモンの3つのホルモンが分泌されます。
ドーパミンは、人を気持ち良くさせます。
エンドルフィンは、モルヒネの数倍の鎮痛作用があります。
副腎皮質ホルモンは、坑炎症効果があります。

毎日のスクワット100回で、心も体も健康になれるようです。
それにしても四十肩がこんなに、痛いものとは思いもしませんでした。
by tm59631 | 2007-01-20 10:05 | ビジネス書コラム

オレンジの壷

何故か夏になると、この本を思い出してしまいます。この本は、もう十年以上も前から3度ほど読み返している本です

オレンジの壷(宮本輝著)上、下巻2冊完結物です“

宮本輝さんらしい独特の雰囲気を醸し出している作品です。人間の暖かみのある二面性を旨く描写している傑作中の傑作です“何人かの人に読むように奨めた所、皆一日で上下巻を読み終えたそうです。読み始めたら最後まで一気に読んでしまうそうです”是非一読してみて下さい“
人の持っている二面性とは、顕在意識と潜在意識のことです。顕在意識とは意識された思考の事で潜在意識は、無意識の領域です“人間の人生や方向性は無意識の潜在意識が強く影響します。
潜在意識を旨くコントロールする事で人間は、大きな力が発揮できるようです。
スポーツの世界では常識になっていますが、メンタルトレーニングから潜在意識の活用が盛んに行われています。

書店に並んでいる、成功哲学や自己啓発物の本で、前向きに捉えるという言葉が頻繁に使われますが、やらなければならない事はわかっているのだけれど、それがなかなかできないというのが人間なのではないでしょうか”

それは、自分の中の潜在意識が何らかの形で邪魔をしている状態なのです
その邪魔をしている状態を正常に戻す手段の一つに、ヒプノセラピー(催眠療法)があります。現在、私は催眠療法を学んでいますが、現実に催眠状態になった時、催眠状態の中で出来る事の中の一つに(味覚支配)水をコーラの味にする、又、私自身が経験した事では、体が勝手に動いて止まらなくなったり、硬直して石のようになったりと結構面白い体験をさせてもらいました“
子供の頃、寝ている友達の口に消しゴムのカスを入れて、起こして、今何を食べているの?と聞いた所 スルメ と答えた事を思い出しました。
人の寝起きの時、これも軽い催眠状態なのです”

催眠も潜在意識への働きかけの一つのツールなのです。人の思い込みというのが、意外な力を持っているようでそれらを開発する事により意外な能力を発揮できるようになるようです”

何でも経験してみようと言うのが私の信念なので、もう少し勉強してみようと思っています。

弊社は、来月から新しい期を迎えます。名刺販売、予約システムのASP事業を、新規事業として始める予定です。当分忙しい日が続きますが、頑張らねばと思っています。

かなり疲れた時、疲労回復には、にんにく注射(ビタミンB郡)が一番効くようです
by tm59631 | 2006-08-05 07:58 | ビジネス書コラム

脳の使い方

プロスーキーヤーで冒険家の三浦雄一郎さんのインタビューを数日前にTVで見ました。70歳でエベレストに登頂し、現在73歳で2年後、75歳でエベレスト登頂に挑戦するそうです”

何故、75歳であの苦しいエベレスト登頂に挑戦するのでしょうか?
この本を読めば、科学的に納得できるのではと思います!

あなたの脳を元気にする本(米山公啓著、医学博士)、心と脳のしくみを科学的に分析して判りやすく解説しています”。人間の遺伝子には、何かを達成(やり遂げろ!)という命令を出す仕組みが組み込まれています!

何かをやり遂げた時に清清しい達成感が得られます!科学的には、脳内物質のドーパミンが大量に出ている状態です。この状態が人間の幸福な状態です!

又、多少のストレスや緊張感が脳を強くするそうです、この多少のストレスが無いと脳の海馬が成長しない事が動物実験で分かっているそうです。ちょっと嫌な事が脳を強くするようです!

又運動の重要性も指摘しています。運動が億劫だという人も多いのですが、運動で得られる爽やかな気分を覚えさせる、ウォーキング等も40分を過ぎた辺りから物凄く気持ちのいい状態になってきます。多分ドーパミンが出てきているのでしょう”
ランナーズハイも上記のように、体を動かす事で脳内モルヒネのような幸福感を感じる物質が出てくるために起きるようです!

すべての事は、科学的には証明できませんが、脳のしくみや行動原理を知る事は、客観的に自身を知る為の羅針盤になるようです!ドーパミンが出る行為や行動を積極的に行う事が幸せ感を得る生き方のようです!

私は、この一年の間に、祖母と父を亡くしましたが2人とも亡くなった日の夜中に枕元に立ってくれました?夢なのかと思いましたが何度思い返しても現実感の方が強いようです”

このような事は、科学的には解明できないようです”江原啓之さんの本でも読んで解決したいと思います(笑)
by tm59631 | 2006-07-22 09:44 | ビジネス書コラム

目的意識

明日から、2日間の予定で福岡に帰郷します。月末にも帰郷しなければならず正直、月に2度は、面倒だなぁと思っています。

一度ですべての予定を済ませるつもりだったのですが、なかなか思うようにいかないものです”
思うようにいかないのが人生かもしれません!

最近よく相談される事があります、将来何がしたいのかわからない”という内容の話しなのですが、私自身も10年後何をしていたいのかは、考えもつきません。

ほとんどの人は同じだよ”と答えます。ただ一つ言える事は、目の前の事をどれだけ一生懸命やれるかで将来は違ってきます。過去を考えても過去は変わりません、未来を考えても何があるかはわかりません”なので大切な事は、今を精一杯生きるだけなのです”

あの、ユニクロの柳井会長の著書で一勝九敗という本があります

あの柳井さんをしても一勝九敗と言わしめるほどビジネスは難しいのですが、この一勝九敗の意味がわかっていない人が案外多いのです

ビジネスを10回やっても1度しか成功しないという意味では無く

一回のビジネスの成功には、9回の失敗から得たノウハウを活用しなければ、一回の成功も無いという意味なのですが、案外勘違いされている方が多いようです!

人生やビジネスも様々な失敗から学んだノウハウを蓄積して、諦めずに挑戦する事が成功や幸せに繋がっていくようです!
by tm59631 | 2006-07-15 00:07 | ビジネス書コラム

鏡の法則

鏡の法則(野口 嘉則 著)という本を書店でみつけました。帯の所に、読んだ9割の人が涙しました!というフレーズに引かれて購入してみました”

面白い本というのは、読み始めてみると最後まで一気に読み終えてしまうものです。正にその通リの本でした。本の内容が顕在意識では無く、潜在意識にアクセスするようです!

9割の人が涙するかどうかは、わかりませんが大変感動するという事は事実のようです”

リリーフランキー氏の東京タワーを読んで涙したという人の話もよく聞きます”

鏡の法則と東京タワーに共通する事、それは、誰にでも共通して起こりうる問題(親子)間の情愛をテーマにしてる事です。
自分自身とその内容を置き換えて読んでしまうため、文中の中で疑似体験してしまい9割の人が涙するのでしょう!

帯の広告を見たとき、DMの反響率が9割あったらなあ・・と潜在意識が反応してしまい、本を購入したようです”

弊社では、トナー販売事業で、新たな営業方法を試し始めました。反応は上々のようで、結果が現れるまでは、3ヶ月程度かかります。

9割の打率は無理にしても5割の購買率まで伸ばす事ができればいろいろな事が劇的に変わる事でしょう”

小企業でも大企業並みのボリュームと広告戦略そのような会社を目指したいものです!
by tm59631 | 2006-07-08 06:54 | ビジネス書コラム