福岡県出身・九州の私立大学を中退後21歳で豊前石材販売株式会社を設立。現在、株式会社アーバンサプライ 代表取締役 ・ 2010年ボランティア活動・日本赤十字社より銀色褒章を頂く


by tm59631

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

LINK

以前の記事

2014年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 08月
2009年 10月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

カテゴリ

全体
ビジネス起業日記
世界が喜ぶお金の使い方
ビジネス書コラム

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

経営・ビジネス

画像一覧

<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

モバイル

番号ポータビリティの導入で、最近、携帯電話がマスコミで話題になることが多いようです“
この制度の導入で、携帯版、関が原の戦いに突入する事になるでしょう“
市場規模はMAXに近くなっています。この競争のおかげで、ユーザー使用料金は安くなり、サービスの質は向上します“

各社の収益率はこのシェア取り競争によって低下するので、新たな市場を開拓するか“シェアを取るしか、生き残る道はなくなります。ソ○トバンクは、次から次へと驚くような価格競争を仕掛けてきます”
その結果、価格面でもサービスの面でも自動的に携帯環境は、ユーザー側に、良くなる方向に向かうようです”
個人の顧客は飽和状態に近くなっているので、今後は法人顧客の獲得がターゲットになってきます“

携帯媒体は、他のどの媒体より付加価値や広告効果が高いのです”

それは、日本人が携帯電話を財布の次に、肌身離さず持っているからです“
消費動向のトレンドを握ると言われているF1層に顕著に現れているそうです”

弊社でも、携帯関連の2つのASPシステムの開発を進めています。一つは予約24、もう一つは、携帯DM(チラシくん)です。予約24は、予約管理システムと携帯サイトの自動作成そして携帯DMで宣伝と集客ができるシステムを提供します。結局完成までに、1年以上の期間を要しました“

携帯DMチラシくんは、携帯DMに特化したサービスで、メールユーザーに画像付の商品情報を提供します“飲食店舗、アパレル関連、エステ、ショップ等想定顧客層は、100万店舗を超えています”

2つのシステム開発に、かなりの費用と時間を費やし、数々の失敗から学んだおかげで、いい物ができたと思っています”

但し、いい物を作れば終わりではないのです“

これらの、いい物?を宣伝広告する費用が莫大にかかるのです“

数ヶ月前からコスト削減を実行して広告費用や将来のモバイルサイトの買収費用の月額積立金を捻出しました。

将来のモバイル関連業界は明るいでしょう

携帯には、電子マネーやクレジットカート機能も付加しています。

財布の中身である、お金やクレジットカード、身分証等は、そっくりそのまま、携帯の中身に移されつつあります”

財布の役割が携帯に委譲され 携帯=財布になった時、最も大切なツールに変わるのではないでしょうか

今後も、事業展開の途上で新たな壁が、次から次へと出現するかも知れません
それらの壁も含めて、楽しんで乗り越えて行きたいものです”
by tm59631 | 2006-10-28 09:31 | ビジネス起業日記

失敗0のビジネスキャスティング

失敗0のビジネスなんかある訳が無い!と思うかもしれませんが、成功と失敗のボーダーというのはどこなのでしょうか?

会計的に言えば、利益が経費を上回る事です
逆から考えると“経費が0であれば、失敗は0なのです

今期始める、携帯DMや予約ビジネスの発想の根底は、限りなく失敗しない
ビジネスモデルと言う事で上記の考えを踏襲して考案したのです“

しかし、基本的に費用対効果が良ければ広告費(販促費)だけは、いくら使ってもいいと思っています。
リサイルトナー事業の顧客総数は2万社ですが、その為に費やした広告費用は一億円を越えています“費用対効果の見合う費用はいくらでもOKなのです

コストには、2種類のコストが存在します”
一過性のコストと固定費です
システムの開発費は、一過性のコストです。失敗の要因の一つである、固定費を0にするため、新規事業の為の増員はしないのです
“その為には、新規事業のオペレーションを楽して儲ける化しなければいけません

“受注から契約までの簡素化やサイト自体で完結できるシステムを作る事なのです”

よく、ネットショップ等で失敗する例は、大手のショッピングモールに出店して、固定費が嵩み、それを上回る利益をだせないために廃業してしまうようです!
そして、ネットショップは儲からないという固定観念でその後の人生を送るのです“

できる事なら、学習してリベンジしてほしいものです
①ショッピングモールをSEO対策に変える
②自分の得意な商品しか扱わない
③ 緊急の対応が必要な商品は避ける(会社から帰宅後処理ができる事)
④ 最低でもビジネス化する為には、100万~300万円程度の広告費が必要

④に異論を唱える方もいるかもしれませんが、銀行に100万円預けても利息(利益)
 は、年間1万円にも満たないのです“

リスクがあると怒る人もいますが”

人生そのものが実はリスクなのです“

ネットショップの廃業ならいいのですが、人間は、誰でも人生を廃業しなければならない時がくるからです。それがいつなのか誰にもわかりません”

ビジネスの簡単な成功法は、固定費をかけないで、費用対効果のある広告方法で最大限の資金を投資するという事です!

そして人生の成功とは、突然、人生を廃業する時が来たとしても、後悔しないように、今を精一杯楽しみながら生きる事なのです!


 
by tm59631 | 2006-10-21 03:33 | ビジネス起業日記

チラシ撒き

通勤途中でよくチラシ撒きを見かけます

ほとんどが、ティッシュペーパーやFPで、数人の女性たちが、駅周辺で、通勤途中の方をターゲットに配っているようです

通勤途中のチラシ撒きは、ターゲットが歩いている人なので、そのまま忙しそうにして、受け取ってくれない可能性が高いのです。それでも構わずに配り続けています。
それは、配る事が目的になっているからです“

歩いている人より、止まっている人の方が受け取ってくれる可能性は高いはずです

先日、見かけた、チラシ撒きの年配の男性は、信号待ちの通勤途中の方にチラシを配っていました。そしてそのチラシは、ほとんどの方が受け取って見ていました!

信号待ちをしている人の前に廻り、腰を低くして、一回、一回、頭を下げながら渡していました。私は、その信号待ちの反対側で信号が変わるまで、その様子を一部始終見ていましたが、通勤者のほとんどの方が、そのチラシをしげしげと見ているのです!

その理由は、景色を見るか、チラシを見るかしか、選択肢がないからです(笑)

もうひとつ、大切な事は、見てくれている10秒~20秒の間に、そのチラシを取っておきたいと思わせる何かが埋め込めれば、かなり完成度の高い営業スキームができあがります!

この信号待ちのチラシ撒きは、大変勉強になり驚きました。

その昔、新宿2丁目に事務所があった頃、夕方の帰宅途中の信号待ちで、どう見ても男なのに、ミニスカートに濃い目のお化粧をして立っている人と目が合った時、以来のショックだったようです!
by tm59631 | 2006-10-14 11:58 | ビジネス起業日記

ピンと来る

ここしばらく、VCさんに、提出する事業計画書の作成で忙しい日が続いていました“

計画書を作りながら、この10年間のビジネスを振り返るいい機会になりました!

この10年間にピン!と来たビジネスが、2つあります!一つめは、平成8年の暮れから始めた、データ情報販売ビジネスこのビジネスは、5年近くやりましたが、個人情報保護法の施行で平成13年に廃業しました。その後、法人情報のデータもかなり保有していたので今度は法人向けにビジネスが出来ないかと考えている時に、弊社出入りのリサイクルトナー屋さんから内容を聞き、その時に、2度目のピン!が来ました!

それから、5年が経ち、現在では、顧客総数が2万社近くになりました。

しかし、小売業には、限界を感じています。時代やメーカーの思惑に翻弄されながら、更なる成功を収めるには、最小人数で最大利益そしてコスト削減を常に行わなくてはなりません!常に仕入先には値引き交渉、時には泣いてもらう事も多々あります。そしてコスト削減の連続業なのです。
これでは、お金持ちには、なれるかもしれませんが、幸せにはなれません!

そして一昨日、5年ぶりに、3度目のピン!が来ました!人生には偶然はありません。この10年この仕事をやる為に、データ販売と小売業を経験させてもらったんだ・と直感しました“

予約24の目玉機能をより進化させて、その部分だけをかいつまんだ、システムなのですが“事の成り行きは、一昨日、弊社、専務の谷口がこんなシステムがあるとコピーを持ってきました”
それは、3週間前に私も知っていたもので、その時はいいなぁくらいにしか思いませんでしたが、ここ数日間、一日中、企画や計画書の構成を考えながら、過去を回想していたので
持って来たタイミングでピン!と来て腑に落ちた!ようです。
あっ!これだ!この10年はこの仕事をする為の勉強の時間だった事を、私の心の深い部分で確信する事ができたのです。そう、腑に落ちてしまったのです!

ドラエモン流に言うと  自動売上げ増加装置 とでも言うのでしょうか?
   弊社は、既に法人向けの 自動顧客開拓装置 を持っていますので、この2つがMIXすると大変なシナジー効果が期待できます!
小さな商店や零細企業を豊かに出来!大企業からメーカーの売上増にも貢献できます!
取引先を豊かにして、そして弊社も豊かになれる“究極のWinWinモデルです”
普通はしないのですが、予約24と整合性もありますので、Wリリースを即決めました!
この3度目のピン!今後どのような展開になるのかは、不明ですが、何はともあれ“腑に落ちてしまったのです
by tm59631 | 2006-10-06 21:26 | ビジネス起業日記