福岡県出身・九州の私立大学を中退後21歳で豊前石材販売株式会社を設立。現在、株式会社アーバンサプライ 代表取締役 ・ 2010年ボランティア活動・日本赤十字社より銀色褒章を頂く


by tm59631

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

LINK

以前の記事

2014年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 08月
2009年 10月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

カテゴリ

全体
ビジネス起業日記
世界が喜ぶお金の使い方
ビジネス書コラム

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

経営・ビジネス

画像一覧

好きなこと・・その2

以前五反田でアーユルヴェーダサロンを運営されていたTさんのお話しです。

Tさんは、2年前にお父様の介護でやむなくサロンを閉鎖されました
介護をされている時、サロンのことばかり考えていたそうです。半年程前からマッサージがしたくて仕方がなかったので、再びサロンを再開するために動き出したのです。

まずお父様を介護施設に預けて、以前の常連のお客様に声をかけてサロン開業の資金調達をお願いしたそうです。
私にも声がかかりました。

合計5名の自営業の方から都合500万を調達する予定でした。
が・・・均等割りで資金を出資する場合には、方向性が割れた場合に決定権者がいないと言うことです。
最低でも51%の出資でなければ後々揉める事は必至なのでそのように伝えると皆そのように考えていたそうです・
そして、その話は、途中で破談になったのです。

その後、再度お願いに来られましたが、途中で破談になったという事は、流れでやってはいけない!という事なので申し訳ないけど
私は、出来ませんとお断りしました。
資金0でTさんに出来る方法を考えたので、もし出来るのならやって見て下さい
と言い・・Tさんに、こんな事を言いました。

ポータルサイトをみて自分がお店を出したい地域のサロンに、メールと電話で事情を話して、間借りさせてもらえるようにお願いすればいいよ!・・

たった一言・・そう言っただけだったのですが・・それから10日後位にTさんから・
白金のサロンに間借りさせてもらえました!
と・お礼の電話が来たのです。

えっ!と思って・・本当に電話をかけたの?と聞き返しました。
Tさん曰く・・40件程電話やメールでお願いしたそうです!
Tさん曰く・・本当にありがとうございました。
とお礼を言われて気恥ずかしい気持ちになりました。・・

ほとんどの人は、こんな事を言っても間に受けないだろうし、実行しない・と思っていたからです。

ちなみにTさんは、40歳代半ばの女性です。
サロンの経営者の多くは、いつも一生懸命です。今日稼がなければ、自己責任で、将来倒産するからです。
多くの人が、一日、一日を真剣勝負で生きています。リスクが大きいのでその分喜びも大きいようです。
その真剣さが時々、施術中に伝わる時があります。その時は少し感動します。

さて昨日タクシーに乗っていて運転手さんが誤って道を間違えました。
あーあと思いましたが
間違ったおかげで新しい近道を発見する事ができました。
このTさんも間違ってサロンを閉鎖したおかげで自分の仕事の大切さを改めて発見できたそうです。

人生の上でも、間違いは、新しい道を発見する為の近道なのかもしれません“
by tm59631 | 2007-06-22 22:36 | ビジネス起業日記