福岡県出身・九州の私立大学を中退後21歳で豊前石材販売株式会社を設立。現在、株式会社アーバンサプライ 代表取締役 ・ 2010年ボランティア活動・日本赤十字社より銀色褒章を頂く


by tm59631

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

LINK

以前の記事

2014年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 08月
2009年 10月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

カテゴリ

全体
ビジネス起業日記
世界が喜ぶお金の使い方
ビジネス書コラム

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

経営・ビジネス

画像一覧

エ○ソン敗訴!リサイクルインク訴訟!

d0015036_0404361.jpg夕方のニュースで、エコリカ VS エプソンのリサイクルインク裁判が確定したとの報道がありました。先のキャノンとの判決とは逆に、リサイクルインクカートリッジの特許は新規性が無く無効との判決でエプソン側が敗訴となったようです。

当社はリサイクルインクは扱っていないのですが、正直この判決は嬉しいです!
これで、リサイクル品の最高裁の基準が玉虫色になったからです。
しかし、キャノンのリサイクルインクは駄目で、エプソンはOKというのはおかしな話です。国会同様ねじれ判決ですが、このねじれ判決こそが最高裁の答えなのでしょう。

判り易く言えば、最高裁の判決は、二股男の台詞によく似ています(笑)
環境も大切だけど、特許権も同じくらい大切!と言っているように聞こえてきます。

特許権に傾けば・・・・・環境はどうなるのか!と世間に言われ
環境に傾けば・・・・・・・特許権が侵されると良い物が出来なくなる!・・と言われるのです
それで、どちらも大切です。と言う玉虫色の統一見解を出したのでしょう。

エプソンの裁判では、特許権者は、製品を販売した後に特許権を主張する事はできない。販売によって特許にかかる開発費を回収しているのだから、販売後まで特許権を主張することは二重取りになるという考えらしいのです。
いづれにしても後日、判決内容を精査してみようと思います。これで前回、blogに書いたようなリサイクルトナーの風向きが変わる事はないようです。
正直なところ、ホッとしています。

話は変わりますが、先日精神科医のTさんからこんな話を聞きました。ある本に載っていたそうです。「謙虚にすると得なのか?」と言う話です。常識の範疇では、謙虚に振舞うと美徳だと誰もが思います。
それでは、謙虚さの効能とは何なのでしょうか?
それを聞かれて具体的に答えられる人は少ないかもしれません。
・・例えば・・・
・自分の事をハイクラスな人間だと思っているAさん
・未だ修行中なのでまだまだ足りないと謙虚に自分を自覚しているBさん

・仮にこの二人にCさんが、あなたは、バカな人だと言ったとします。

・Aさんとは、喧嘩になるでしょう。
・ところが謙虚に思うBさんは、そういわれて見ればバカかも知れないからもう少し勉強しよう!と思ったとします。
また、この二人に対してCさんが本当に素晴らしい最高の人ですね。と言ったとします
・Aさんは、その通りです。と有頂天になって自分を見失なってしまいます。
・ところがBさんは、そんな事を言われてもまだまだ未熟で勉強が足りない・と思ったとします。そうするとこの2人の心の動きや状態はどうでしょうか?

・自分をハイクラスな人間だと思っているAさんは、否定されればケンカをし、褒められれば有頂天になり自分を見失う!結果的に心の安寧がどこにもないのです。
これは不幸な事かもしれません。

・謙虚に自分を考えるBさんは、否定されてもケンカにならず、褒められても有頂天にならない。
謙虚を心掛けると地に足を付けた、安寧な心で人生を送れるようです。

この話し論理的でなかなか良い話で心に残りました。・・・・・・・ではまた。
by tm59631 | 2007-11-10 00:33 | ビジネス起業日記